kurodakanbeeyon takemoto tomosige

ISBN:

Published: April 29th 2014

Kindle Edition

75 pages


Description

kurodakanbeeyon  by  takemoto tomosige

kurodakanbeeyon by takemoto tomosige
April 29th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, ZIP | 75 pages | ISBN: | 3.16 Mb

「戦国時代最強の軍師」とも呼ばれる黒田官兵衛の波乱に満ちた生涯を描いた歴史小説。本書は、第四巻目(最終巻)に当たる。豊前中津に帰国していた黒田如水は、いち早く石田三成挙兵の情報を掴み、独自の構想を実現すべく動き始める。天下分け目の戦いが行われていく中、如水は九州の諸城を次々と切り従えていく・・・。関ヶ原の戦い、さらに黒田官兵衛孝高の晩年を描くシリーズ完結編。黒田官兵衛は智謀を駆使して、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と同時代に生きた天才軍師である。信長にその器量を賞賛され、More「戦国時代最強の軍師」とも呼ばれる黒田官兵衛の波乱に満ちた生涯を描いた歴史小説。本書は、第四巻目(最終巻)に当たる。豊前中津に帰国していた黒田如水は、いち早く石田三成挙兵の情報を掴み、独自の構想を実現すべく動き始める。天下分け目の戦いが行われていく中、如水は九州の諸城を次々と切り従えていく・・・。関ヶ原の戦い、さらに黒田官兵衛孝高の晩年を描くシリーズ完結編。黒田官兵衛は智謀を駆使して、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康と同時代に生きた天才軍師である。信長にその器量を賞賛され、秀吉は彼の底知れぬ能力に恐れを抱き、家康は常に警戒をし続けた。秀吉の参謀として、天下統一事業に多大な貢献をするも、その能力を怖れられ、わずかな封土しかあてがわれなかった。自らの才を警戒されていることを察するや、若くして隠居し、黒田如水と名乗る。そして関ヶ原の戦いの際、わずかな兵で留守を預かっていた如水は、智謀と機略を駆使して誰もが驚く快進撃をみせ、九州をたちまち席巻していく・・・。姫路時代から豊前中津を経て筑前福岡までの彼の業績を、数多くのエピソードと歴史的考察を踏



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "kurodakanbeeyon":


romanbluma.pl

©2012-2015 | DMCA | Contact us